大阪府立中央図書館ホール|ライティホール

ライティホールブログ

HOME > ライティホールブログ > スタッフ日記一覧

竹をつかってこいのぼりをつくろう!開催しました

2017年05月04日(木曜日)

2017年5月3日(祝・水)、
1階のエントランスで、
「竹をつかってこいのぼりをつくろう!」という
工作教室を開催しました。

講師は、生駒ネイチャークラフトクラブの
皆さんです。

トリミング全体2.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像こちらが、見本のこいのぼりです。
紙皿の上にあるのが、参加者に
お渡しする材料です。
トリミング:材料と見本.jpgこいのぼりを制作中。
「うろこの描き方」も教えてもらいました。
トリミング 作業うろこの描き方.jpg

こいのぼり以外にも、生駒ネイチャークラフトクラブの方が、
新聞紙で兜を作ったり、
折り紙で人気キャラクターを折ったり

してくださりました。

トリミングキャラクターのおりがみ.jpg出来上がったこいのぼりを持って、パチリ
トリミング兄妹2S.jpgトリミング参加者こども1S.jpg
参加者1S.jpg皆さん、とても上手に仕上げていらっしゃいました。


ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

LINEで送る

【追加】植本祭vol.4 製本作家・中尾あむさんの作品を展示しています

2017年05月02日(火曜日)

植本祭vol.4、追加情報です。

今回ワークショップで「御朱印帳づくり」をご指導いただく、
製本作家・中尾あむさんの作品を展示しています!

あむさん全体1.jpg
多数アップ2.jpg
▲(中央)Ju suis un chat
表紙に革を使用し、和綴じ製本(四つ目綴じ)に仕立てています。


1つ1つ丁寧な作業の中にも
ユーモアがある作品
合計9点を展示しています。


場所は、図書館1階エントランスです。
大きな木と本棚の向かいです。
本棚向かい 4.jpg壁側に振り返ると壁に告知3A.jpg

じゃーん!
植本祭のイベントの告知や、食堂カフェのご案内を
映像で流しています。


中尾あむさんをお招きして行うワークショップ
「御朱印帳づくり」では、ただいま参加者を募集しています。
御朱印帳(ブログ用)JPEG_追加HP.jpg皆さんのご参加をお待ちしています。

LINEで送る

「気軽にぶらりと落語会~らいぶらり寄席~」が催されました(^o^)

2017年04月22日(土曜日)


今回もお天気に恵まれました4月22日

DSCN3240.JPG
図書館2階の大会議室で「らいぶらり寄席」が開催されました

DSCN3269.JPG
まずは桂 文鹿さんで「くろしお1号」
巧みな話芸に、お客様も引き込まれます!

DSCN3291.JPG
お次は笑福亭 由瓶さんの「真田小僧」
いつもながらのパワフルな身振り手振りに、笑いの波が起きました(^o^)

DSCN3265②.JPG
再度登場の文鹿さんは「紙相撲風景」を熱く披露☆

DSCN3312.JPG
仲入り後は由瓶さん。
「持参金」を、表情豊かに演じ、終始、笑いの絶えない寄席になりました!

今回もお客様から
・二大巨匠でした!
・とっても近くで聴けて良かった。
との嬉しいご感想を頂きました(*^^*)

次回の「~気軽にぶらりと落語会~らいぶらり寄席」
7月1日(土)お昼2時より開演です!
出演は、林家 菊丸さん、笑福亭 由瓶さんです。
DSCN3318.JPG
皆さまも、この笑いの渦を一度体験してみませんか(^^)
チケット好評発売中です!
ぜひ〈ぶらり〉といらっしゃってください!!

LINEで送る

【エントランス】春らしく模様がえ

2017年04月07日(金曜日)

エントランスの飾りを、
変えました。

エントランス模様替え①.jpg今回は、鳥です。
アップにすると・・・

黄色1羽.jpg
合計9羽おります。

左右に4羽。
全体図.jpg
木の中に1羽。
木の中に1羽.jpg
まちライブラリーの本棚も

100冊をこえました。
まちライブラリー本棚ブログ.jpgお越しの際は、こちらのエントランスにも

お立ち寄りいただければと思います。

LINEで送る

第11回若者ダンス・カーニバル写真展 開催中

2017年03月29日(水曜日)

第11回若者ダンス・カーニバル in大阪府立中央図書館 写真展
日時:3/29(水)12:00 ~ 4/15(土)16:00
場所:大阪府立中央図書館1F
   企画展示エリア(展示コーナーC)

2/12日に開催された「若者ダンス・カーニバル」の写真展が
始まりました。ダンス写真展全体.jpgリハーサル~本番~表彰式に至るまで、

ダンスへの情熱が伝わってくる内容となっています。

全体 上から.jpg

         ▲人型パネルは、実際の出場者を、かたどって作っています。写真を
          見ながら、
どなたがモデルになっているか、あててみてください。


会場には、ダンス関連の図書も置いています。
ダンスの技を紹介する本、体の鍛え方、ダンサーが書いた自伝、
ダンス関連の仕事に就くには・・・など、
すべて貸し出しできますので、こちらもご利用ください。

YA展示 くつろぎ.jpg

会場写真集200円.jpgのサムネイル画像              ▲写真集は、200円で販売中です(なくなり次第終了)

会場・河合カメラマン.jpg              ▲長年「若者ダンス・カーニバル」を撮影してくださっている、
               カメラマンの河合都章さん

写真展会場の他にも、1階エントランスにご注目!
壁に、写真を映しています。
壁に投影.jpg写真展は、4月15日(土)16時までです。
皆様のお越しをお待ちしています。

LINEで送る

第11回 若者ダンス・カーニバルを開催しました

2017年03月29日(水曜日)

2月12日(日)
「第11回 若者ダンス・カーニバル
 in大阪府立中央図書館」を
開催しました。

EPM20026縦看TR.jpg

今年の出場者は、242名(19チーム)。
図書館前では、多くのチームが最終調整をしていました。
IMG_2389.jpg

       

JSDA0212フライヤー配布1.jpgA.jpg






                   
【開演】                   

(ブログ)EPM22559N08TR.jpg           ▲お揃いのお団子ヘアー

(ブログ)EPM23156N11S2TR.jpg

           ▲衣装メイクを統一

           ▼飛ぶ!

(ブログ)EPM22823N09第2位.jpg

           (ブログまわる)EPM23029N10第3位S3TR.jpg

回る!!

                    (ブログ清水谷)EPM23671N15TR.jpg

          

キメる!!!




EPM24369審査員_YUUKI様S3K05TR.jpg

        結果は・・・

           1位  RH_lockers
           2位  glorieux
           3位  Ricky Bland
          特別賞  DADO    でした。

最後は、入賞4チームで記念撮影     

EPM24398集合写真TCS2TR.jpg

皆様、ありがとうございました!

LINEで送る

第5回 府民講座を開催しました(2017/3/25)

2017年03月25日(土曜日)

3月25日(土)第5回府民講座『枕草子』「香炉峰の雪」と紫式部
ー「才女は災い」といわれた世で、を
開催しました。

講師は、京都学園大学 人文学部教授の山本淳子先生です。
演台1SアップA.jpg
清少納言と紫式部は、平安時代に活躍した才女です。
2人とも漢文の素養を持っていましたが、
のびのびと能力を誇示する清少納言に対し、

紫式部はその学才をひた隠しにしたそうです。
それは「才女は災禍を呼ぶ」と

言われるようになったためだといわれています。

なぜそのような迷信が発生したのか?

全体_レジュメ.jpg               ▲熱心にレジュメを読む受講者

講演では、藤原道隆の中関白家の栄華と悲劇から、
このような迷信が生まれた経緯をお話しくださりました。
登場人物を、分かりやすく、時に、ワイドショー風に
お話しなさるので、
会場はとても和やかな雰囲気に包まれていました。


講演の後は、サイン会。
サイン会の列A.jpg
受講者「先生〇〇が起こったのは何年ですか?」
先生「〇〇年です」。
突然の質問にも、即座に年号をお答えになって
いたのが印象に残りました。
質問に答える先生.jpg

ご来場いただいた皆様、
山本淳子先生、ありがとうございました。


以上で、平成28年度「府民講座」を終わります。
来年度も府民講座を行いますので、
皆様よろしくお願いいたします

LINEで送る

気軽にぶらりと落語会「らいぶらり寄席」が開催されました~(^o^)

2017年03月18日(土曜日)


       晴天に恵まれた3月18日の土曜日、会議室を寄席舞台に変身させての
       笑福亭 由瓶さんを中心とした初回の「らいぶらり寄席」が催されました



DSCN2858.JPG


会場は満員

たくさんのお客様にお越しいただきました










DSCN2891.JPGDSCN2883.JPG



トップバッターは笑福亭 由瓶さんです














演目は「阿弥陀池」


額に汗して、熱く演じていらっしゃいました








DSCN2906.JPG





続いては、桂 春蝶さん。

演目は「地獄八景」です。






DSCN2969.JPG







高座から乗り出しての熱演に

お客様も笑いの渦に包まれていました








DSCN3048.JPG



そして仲入り後のトリを努めます由瓶さん。

演目は「禁酒関所」です。

由瓶さんの熱気が伝わる舞台で、まだまだ聞いていたくなりました





お越しいただきましたお客様も

・図書館で落語が楽しめるなんて嬉しいです!
・低料金で聞かせていただきありがとうございます。
・演者との距離が非常に近く大変迫力が有って、落語を堪能しました。
など、嬉しい感想を頂きました

今後の「らいぶらり寄席」の日程です

4月22日(土) 桂 文鹿さん、笑福亭 由瓶さん
7月 1日(土) 林家 菊丸さん、笑福亭 由瓶さん。
共に2階の大会議室で、お昼2時から始まります。

噺家さんの息遣いが聞こえてくる、身近な舞台
皆さまも是非味わってみませんか

チケットは現在、絶賛発売中で





LINEで送る

♪ 福島・熊本震災チャリティーコンサート ♪

2017年03月12日(日曜日)

東日本大震災から6年目にあたります3月11日(土)に
「音楽で希望をつなぐ♪ 福島・熊本チャリティコンサート」が催され
たくさんのお客様にお越しいただきました。
DSCN2593.JPG

まず最初に企画・プロデュースされましたソプラノ歌手の
はにうたかこさんのご挨拶から始まり、
DSCN2604.JPG
DSCN2624.JPG




同じくソプラノ歌手の重松理恵さんと秋田良一さんのギターによるアイルランド民謡の「サリーガーデン」や「ダニーボーイ」など数曲を歌われ、その透明感の有る歌声に客席のお客様も静かに聞き入っておられました。





DSCN2641.JPG


次は田中杏菜さんのヴァイオリンと木下智子さんの
ピアノで、ストラヴィンスキー作曲 バレエ「妖精の口づけ」より組曲「ディヴェルティメント」

第1楽章 シンフォニア
第2楽章 スイス舞曲
第3楽章 スケルツォ
第4楽章 パ・ド・ドゥ


DSCN2687.JPG

DSCN2688.JPG


続いては駒木奈美さんのピアノにのせて
はにうたかこさんが力強く、またコミカルに「ウィーン我が夢の街」などを熱唱しました。



DSCN2690.JPGDSCN2703.JPG




第2幕の幕開けは、後藤敏子さんのチェロと難波香子さんのピアノによる、ラフマニノフ作曲 チェロ・ソナタ ト短調作品19より

第3楽章 アンダンテ
第4楽章 アレグロ モッソ











DSCN2761.JPG




そして声楽アンサンブル プリマルーチェの皆さんで、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」より「私のお気に入り~ドレミのうた」等、テンポの有る曲からしっとりとした曲まで美しいハーモニーで聴かせてくれました。






DSCN2788.JPG続いてフィナーレは「故郷(ふるさと)」を、出演者とお客様が一体となって合唱し、震災復興への願いを届けていました。

ここでお知らせです
主催の福島・熊本地震チャリティーコンサート実行委員会さまが、こちらのコンサートの収益金から
「福島県災害対策本部」様に109,125円、「熊本地震義援金」様に109,125円をご寄付されました

皆さま、ご協力ありがとうございまいした




LINEで送る

第4回府民講座を開催しました(2017/2/25)

2017年02月28日(火曜日)

講師に、如来寺住職で、相愛大学教授の釈徹宗先生をお迎えし、
『歎異抄』の魅力と題して、ご講演をいただきました。

ご住職で、大学の教授で、NPO法人の代表で、講演やメディア、
執筆にと、
多方面で活躍される釈先生のお話しとあって、
多くの方からお申し込みをいただき、

受付時間を30分早めての開場となりました。

ホール正面玄関.jpg

『歎異抄』は、「意を歎く」というテーマのもと、大きく分けて、
 前半で、親鸞の日常会話を綴り、後半で、意義について論じており、
 最も読まれる宗教書の1つと言われています。
 現存する原本はなく、最古の写本は、蓮如(1415年-1499年)が写したものが、
 西本願寺に所蔵されています。

釈先生講演中.jpg

講演では、「著者名が記載されていない」「大切の証文ども」の謎についての
解説や、文の終わりは「・・・と云々」と結ばれていることが多い、
『歎異抄』の魅力は、読む人を惹きつける文章の構成力にあるなど、
初めて『歎異抄』に触れる人にも、分かりやすくお話しをしてくださりました。
先生が、原文を読まれることが何回かありましたが、
リズムや韻を、肌で感じることができました

釈先生 板書.jpg

書籍販売.jpg

講演終了後は、サイン会を行いました。
サイン会 列.jpg






サイン会 釈先生あり.jpgのサムネイル画像

ご来場いただいた皆様、
釈先生、ありがとうございました。

LINEで送る
<< 前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15