大阪府立中央図書館ホール|ライティホール

ライティホールブログ

HOME > ライティホールブログ > 第4回府民講座を開催しました(2017/2/25(土))

第4回府民講座を開催しました(2017/2/25(土))

2017年02月28日(火)

講師に、如来寺住職で、相愛大学教授の釈徹宗先生をお迎えし、
『歎異抄』の魅力と題して、ご講演をいただきました。

ご住職で、大学の教授で、NPO法人の代表で、講演やメディア、執筆にと、
多方面で活躍される釈先生のお話しとあって、多くの方からお申し込みをいただき、
受付時間を30分早めての開場となりました。

ホール正面玄関.jpg

『歎異抄』は、「意を歎く」というテーマのもと、大きく分けて、前半で、親鸞の日常会話を綴り、後半で、意義について論じており、最も読まれる宗教書の1つと言われています。
 現存する原本はなく、最古の写本は、蓮如(1415年-1499年)が写したものが、
 西本願寺に所蔵されています。

釈先生講演中.jpg

講演では、「著者名が記載されていない」「大切の証文ども」の謎についての解説や、
文の終わりは「・・・と云々」と結ばれていることが多い、『歎異抄』の魅力は、読む人を
惹きつける文章の構成力にあるなど、初めて『歎異抄』に触れる人にも、分かりやすく
お話しをしてくださりました。先生が、原文を読まれることが何回かありましたが、
リズムや韻を、肌で感じることができました

釈先生 板書.jpg

書籍販売.jpg

講演終了後は、サイン会を行いました。
サイン会 列.jpg






サイン会 釈先生あり.jpgのサムネイル画像

ご来場いただいた皆様、
釈先生、ありがとうございました。