大阪府立中央図書館ホール|ライティホール

ライティホールブログ

HOME > ライティホールブログ > スタッフ日記一覧

第3回府民講座を開催しました(2017/1/14(土))

2017年02月04日(土)

今回の府民講座は、講師に、文化人類学者で、国立民族学博物館名誉教授の石毛直道先生を
お迎えし、「日本の食文化史―伝統的和食の形成と変容」と題し、ご講演をいただきました。

舞台.jpg

今回は、中でも、「米食とスシ」と「肉食」に焦点を当てて、お話しくださりました。
「米の酒」や「スシの歴史」に始まり、「肉食の歴史」では「縄文時代の食生活」
「仏教と神道」「肉食の再開」「国民1人1日あたりの肉の消費量」に至るまで、
伝統的和食が、いかに形づくられ、そのスタイルを変えてきたかを解説いただきました。
先生1S.jpg








書籍販売3冊.jpg

書籍販売では、先生のご著書3冊を販売いたしました。
『食事の文明論』(中公文庫)、『日本の食文化史(岩波書店)』、『麺の文化史』(講談社学術文庫)

会場で本をご購入頂いた方を対象に、サイン会も行いました。
石毛先生とお話しできる機会とあって、皆さん、思い思いの言葉を先生に語りかけて
いらっしゃったのが印象に残りました。

サイン会 列①.jpg


石毛先生に頂いたサインには、「好吃(hao chi)」*中国語で「美味しい」の意味と、
作家の小松左京氏から命名された「大食軒酩酊」のお名前が書かれていました。
ハオチー.jpg

ご来場いただいた皆様、石毛直道先生、ありがとうございました。

LINEで送る

アート魚拓 体験会を開催しました。

2017年01月26日(木)

1月21日(土)にアート魚拓体験会を開催しました!

「アート魚拓」は、魚に、墨または絵具を塗り、拓していきます。
紙をはがした後は、目玉以外は一切加筆・修正をせず、短時間で仕上げて
いくというものです。
今年も、アート魚拓 拓正会の皆さんにご指導いただきました。

IMG_2293.JPG

まずは魚の色塗りからスタート。

作業中も魚が乾燥しないよう、水を含ませた布をひれにかぶせています。
IMG_2299.JPG和紙に拓す作業にはいります。
しっかりと和紙に写るよう和紙の上から押さえ、少しずつめくっていきます。
IMG_2318.JPG

IMG_2331.JPG

目玉を書き込み、名前を入れて、完成です
IMG_2335.JPG
皆さま、ありがとうございました。
1484980693693 (2).jpg

これからも様々なイベントや講演会等を企画しております。
みなさまお誘いあわせの上、ご参加くださいませ!

LINEで送る

『ピラティス&ストレッチ冬期講座』が開講しました

2017年01月24日(火)

『ピラティス&ストレッチ冬期講座』が開講しました


ピラティス冬期201701.jpg



ピラティス冬期201701-2.jpg



前回に引き続き受講して下さった方も多く

にぎやかなスタートとなりました


興味を持たれた方はいつでも見学していただけますので

お気軽にお問合せくださいね

LINEで送る

新年のご挨拶

2017年01月01日(日)



謹賀新年.jpg



旧年中は皆様の温かいご支援をいただき深く感謝しております

本年も多くの方に親しんでご利用いただけますよう努力してまいりますので

変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます

皆様方にとりましてより良い年でありますよう

心よりお祈り申し上げます

大阪府立中央図書館指定管理者 スタッフ一同

LINEで送る

ひのきのかんなくずを使ってリースをつくろう実施しました!

2016年12月22日(木)

エントランスに人がたくさん・・・
12月17日(土)にひのきのかんなくずを使ってリースをつくろうを開催しました!

IMG_2181 - 2.JPG

ボランティアグループ パロムロムパさんに教えてもらいながら、
みんなでわいわい

IMG_2183.JPG

作り方はかんたん!
新聞紙の土台にかんなくずをまきつけたら、かざりつけします。
こちらは、ひいらぎやどんぐり、松ぼっくり。

IMG_2172.JPG


色紙やフェルトで手作りもしました
IMG_2173.JPG

IMG_2188.JPG

できあがり
みんな上手にできました!!
IMG_2194.JPG
▲手作りのポンポンをつかったかわいいリースやみどり色のかんなくずをつかったリース

IMG_2195.JPG
▲冬らしくゆきだるまとサンタさんがかざられたリース


たくさんのご来場ありがとうございました!

これからも大阪府立中央図書館ではさまざまなイベント、講演会を企画しております。こちらのホームページ上部の催し物カレンダー、もしくは大阪府立中央図書館配布のチラシ等をチェックいただき、みなさまお誘いあわせの上ご参加くださいませ!

LINEで送る

植本祭vol.3 開催しました!

2016年12月22日(木)

賢治の魅力ーその"こわさ"を読み解く
作品「風の又三郎」を中心に
まちライブラリー@大阪府立中央図書館 植本祭 vol.3


児童文学を研究されている遠藤純さん(京都華頂大学現代家政学部准教授)に講師としてお越しいただきました
主に宮沢賢治と日本児童文学史について研究されている遠藤さんの講演を聞いて、「賢治の魅力を再発見できた」、「学生の頃に読んで腑に落ちなかった部分が納得できた」というお声もいただきました。

IMG_2205.JPG



講演とギャラリートークのあとは、参加者の皆様にお持ちよりいただいた本の紹介タイム
IMG_2215.JPG

カフェ布目の里のケーキセットをお召し上がりいただきました
(写真は小倉ロールケーキ)

IMG_2229 自動修正済み.JPG


そして!このイベントで新たに15冊の本が寄贈されたことにより、当館まちライブラリーの本が100冊を超えました
ご寄贈いただいた皆様、本当にありがとうございます

たくさんのおすすめ本が並んでいます、ご来館の際には、ぜひエントランスのまちライブラリーに立ち寄ってみてください。
IMG_2235.JPG

これからも大阪府立中央図書館ではさまざまなイベント、講演会を企画しております。こちらのホームページ上部の催し物カレンダー、もしくは大阪府立中央図書館配布のチラシ等をチェックいただき、みなさまお誘いあわせの上ご参加くださいませ!

LINEで送る

エントランスを飾り付けました!

2016年12月09日(金)

エントランスホールが少し変わりました
この木が設置された9月からは旗を飾っていました。

DSCN1204.JPG
          
じゃーん!冬仕様になりました
IMG_2161.JPG


トランスパレントペーパーという半透明の紙を使ってダリアの花を折りました。
光が差すと透けてみえます
IMG_2157.JPG

IMG_2167.JPG







あれ、ドラえもん?トトロ?アンパンマン?

どこにいるのかな?探してみてね

IMG_2163.JPG


皆様のご来館お待ちしております!

LINEで送る

第2回 府民講座「ウェアラブルコンピューターを楽しもう」を開催しました

2016年11月18日(金)

11月12日(土)第2回 府民講座「ウェアラブルコンピューターを楽しもう」を

開催しました。

講師は、神戸大学大学院工学研究科 電気電子工学専攻・塚本昌彦教授です。

第2回 府民講座のサムネイル画像

「ウェアラブルコンピューター」とは、身体に装着して使うコンピューターのことです。
"着る(Wear)ことが出来る(able)"という意味から、「ウェアラブルコンピューター」と
呼ばれています。機器を持たなくてよい手軽さや、業務効率を高める効果が期待される、
次世代を担うコンピューターとして、いま注目を集めています。

講座時計.jpgのサムネイル画像

▲腕まくりをし、つけているウォッチ型のウェアラブルコンピュータを見せてくださる塚本先生


講座では、コンピューターの進化の歴史をたどるとともに、
ウェアラブルコンピューターを取り巻く現状や使い方、今後の可能性について学びました。

体験会.jpg
そして実際に、メガネ型やゴーグル型など、

ウェアラブルコンピューターを
装着する体験会も行いました。

体験会no3.jpgのサムネイル画像






先生1shot.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

受講された皆さま、塚本先生、
ありがとうございました。






LINEで送る

本日 "寺活"講演会 が開催されました!

2016年11月11日(金)

皆さま、こんにちは
急に寒くなりましたが、体調を崩されていませんか
朝晩の温度差も激しいので、お気をつけくださいね

さて今日は、スタッフの願いが通じたように晴天に恵まれて
"寺活"講演会 が開催され、たくさんのお客さまにお越し頂きました

DSCN1950小.JPG

DSCN1980小.JPG

DSCN1977小.JPG
講師は若江のお寺・本泉寺のお嫁さん、橋本 園美さん。
~お寺をみんなの居場所に!~本泉寺これからプロジェクトについて
約1時間半に渡ってお話しいただきました。

DSCN1993小.JPG
お寺の数がコンビニより断然多いなんて、皆さま、ご存知でしたか
そんなお寺を、もっと身近に感じてもらえるようにと、
日々奮闘されている橋本さんのお話に、お客様も聞き入っておられます。

アンケートにも
 ・お寺の世界のお話を聞く機会が有りませんでしたので、良い講演でした。
 ・お寺の精神、活動に感動しました。
 ・身近なお寺にも行くべきだと思いました。
               とのお言葉を頂きました

これからも、皆さまが関心をもってお越し頂けます催しを
企画してまいりたいと思いますので、ぜひぜひご参加くださいね

LINEで送る

今回は寄席の舞台が出来るまでをご紹介します!

2016年10月29日(土)

皆さま、こんにちは
すっかり秋らしくなって、過ごしやすくなりましたね
今回は先日、第3回目を迎えましたライティホール恒例の「ライティ寄席」から
寄席の舞台が出来るまでをご紹介したいと思います

DSCN1599小.JPG
まずは大きな所作台の上に、箱馬(小さな木の箱)で土台を組み
上に平台(大きな木の台)を乗せて「高座(演者さんの上がる台)」を
作ります。

DSCN1603小.JPG
慎重に屏風を開いていきます。

DSCN1615小.JPG
赤い毛氈で綺麗に高座を覆います。

DSCN1621小.JPG
出来上がったら、背景の大きな黒幕を締めて照明・音響さんに
バトンタッチ。

DSCN1630小.JPG
DSCN1643小.JPG
DSCN1636小.JPG
照明さんが、いろんな角度からでも演者さんが綺麗に見えるように

ライトの位置を調整していきます。

DSCN1649小.JPG
その頃、音響さんもスピーカーの位置調整。

DSCN1690小.JPG
下手そで(お客様から向かって左)には、お囃子太鼓もスタンバイしました。

DSCN1662小.JPG
高座には見台(テーブル)、膝隠し(見台の前の盾)。
見台の上にある小さな二本の木の棒は「小拍子」と言います。

DSCN1658小.JPG
演者さんの名前を表示する「めくり」を設置して、これで完成です。

DSCN1664小.JPG
後はお客様をお待ちするのみです!

いかがでしたか?
いつも寄席に行かれている方でも、一から作っていくところは
ご覧になったことは無いと思います
こうして、一つ一つの丁寧な作業と、落語家さんの絶妙な話芸と
お客様の笑い声で寄席は作られていきます

さあ、次回の「第四回ライティ寄席」は29年2月4日の土曜日

ぜひこの寄席の世界に笑いで参加してみませんか

演者、スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ち致しております

LINEで送る
<< 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9