大阪府立中央図書館ホール|ライティホール

ライティホールブログ

HOME > ライティホールブログ > 第2回府民講座 南方熊楠ゆかりの地を歩く

第2回府民講座 南方熊楠ゆかりの地を歩く

2018年07月27日(金)

平成30(2018)年7月14日(土曜日)
ライティホールにて、第2回府民講座
「ジャパニーズ・エコロジー
南方熊楠ゆかりの地を歩く」を開催しました。

立て看板.jpg

開場.jpg

第1部は、「新しい南方熊楠の姿
『南方二書』を改めて読む」
講師は、南方熊楠顕彰会学術部長の
田村義也さんです。

第1部_田村先生.jpg

『南方二書』
1911年8月29日および31日付けの二通からなる。進行中だった神社合祀
政策が、紀南の希少な生態系に打撃を与え、同時に産土社(うぶすなしゃ)

中心とする地域の生活を損なっていることを書いた書簡。
題名は、「南方からの二通の書簡」の意味。

第2部は「ジャパニーズ・エコロジー
南方熊楠ゆかりの地を歩く」


3S.jpg


世界遺産や国の名勝「南方曼荼羅の風景地」となった、
熊楠ゆかりの地の歩き方を、写真を見ながら
お話しいただきました。

司会 川廷氏.jpg
▲第2部司会:川廷昌弘さん
 ((公社)日本写真家協会・(一社)CEPAジャパン)

大竹氏.jpg
▲大竹哲夫さん
(南方熊楠顕彰会事業部委員・み熊野ねっと)  

講演のあとは、エントランスで開催していた
「ポスター写真展」へ。

エントランス写真展.jpg

講師陣も訪れ、質問に直接こたえていらっしゃいました。

写真展2.jpg

熊楠の名前は、「熊野の楠」という意味であると
初めて知りました。
南方熊楠の魅力あふれる講演会となりました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。