大阪府立中央図書館ホール|ライティホール

ライティホールブログ

HOME > ライティホールブログ > 第5回 府民講座を開催しました(2017/3/25)

第5回 府民講座を開催しました(2017/3/25)

2017年03月25日(土)

3月25日(土)第5回府民講座『枕草子』「香炉峰の雪」と紫式部
ー「才女は災い」といわれた世で、を
開催しました。

講師は、京都学園大学 人文学部教授の山本淳子先生です。
演台1SアップA.jpg
清少納言と紫式部は、平安時代に活躍した才女です。
2人とも漢文の素養を持っていましたが、
のびのびと能力を誇示する清少納言に対し、

紫式部はその学才をひた隠しにしたそうです。
それは「才女は災禍を呼ぶ」と

言われるようになったためだといわれています。

なぜそのような迷信が発生したのか?

全体_レジュメ.jpg               ▲熱心にレジュメを読む受講者

講演では、藤原道隆の中関白家の栄華と悲劇から、
このような迷信が生まれた経緯をお話しくださりました。
登場人物を、分かりやすく、時に、ワイドショー風に
お話しなさるので、
会場はとても和やかな雰囲気に包まれていました。


講演の後は、サイン会。
サイン会の列A.jpg
受講者「先生〇〇が起こったのは何年ですか?」
先生「〇〇年です」。
突然の質問にも、即座に年号をお答えになって
いたのが印象に残りました。
質問に答える先生.jpg

ご来場いただいた皆様、
山本淳子先生、ありがとうございました。


以上で、平成28年度「府民講座」を終わります。
来年度も府民講座を行いますので、
皆様よろしくお願いいたします